Make your own free website on Tripod.com
端書き   what's new   檀君アニメーション   e-mail   home
檀君と檀君朝鮮 韓・日関係史 韓国と韓民族が進まなければならない道 '済州'開発問題は国家戦略次元で
 
韓・日関係史
日本人は韓国人の後裔

   アメリカカリフォルニア大学ゼロドダイヤモンド教授は科学クラスメディア「ディスカバー」だ 1998年 6月号で「日本人の根」という論文を通じて, "現在日本人は遺伝学籍でも骨相学籍でも韓国異民族たちの後裔なのが明らかだ"と結論を下した. これは日本人の起源を韓国人で見なければならないという主張だ.
   日本建国の根はまさにうちの韓民族だ.
   日本には '檀君朝鮮' 末期の影響を受けた日本の一帯変化を持って来た '彌生(彌生)文化'がある. これがまさに檀君朝鮮末期に韓民族が東(東)で大移動をして日本にまで行って定着する檀君朝鮮の歴史とかなうのだ.
   檀君朝鮮末期の影響を受けた彌生文化は特に韓半島南部地方人々が日本九州(九州)地方で移住して形成したのだ. これら青銅器は日本列島にイ・スハン韓民族が作ったのが明らかさは韓国と日本列島二つの地域で出土される遺物たちが明らかにするようにその関係を明らかにしてくれている.
   日本ブックギュシュ(北九州) サガ(佐賀)現には檀君朝鮮末期の影響を受けた彌生(彌生)時代悠久誌がある. 日本は 1994年彌生時代悠久誌をコンピューターで当時の姿を推理, 完璧に修復しておいていると言う.
   彌生文化は檀君朝鮮から近くの距離(通り)にあった西北九州地方で始まってその末期にはフッカイも一部を除いた日本列島全地域に拡散した.
   彌生文化の連帯はそのメッカである九州地方の場合立つ前 3世紀(今から 2300余年前) 頃から始まったことで見ている.
<朝鮮日報社提供>
   東京(東京)大学師事野馬(笹山晴) 教授の著書《日本古代史研究》に見れば, "彌生文化は日本で自生的に発展したのではなく… 海外で渡来したのが明らかだ"と言ったが彼は韓国で渡来したことだと明らかにしなかったが '海外'というのはすぐ '韓国'を暗示するのが明らかだ.
   これは日本学者たちも認める事実だ.
   1987年発行された東京大学人類学雑誌の英語版《古代日本移住者数推定》と言う(のは)一つしなさい(埴原和郎) 人類学者の主張を見れば, "日本人の骨相と顔, 姿などを土台で当時の到来である(韓国開拓者)の数をコンピューターで計算した結果九州地方は到来人たちがほとんど全部.", "したがって彌生時代から奈良(奈良)時代に至る約 1千年の間大陸(韓半島)から日本に渡って来た人が約 1百万名だ"という '推定統計報告書'を発表して大量集団が移住したことを裏付けてくれてある. 奈良時代は日本に渡った '百済文化末期(時代)'を言うのだ.
   韓国と日本との関係を明らかにするにあって, すなわち '韓・日関係史'でその祈願はかつて '檀君朝鮮' 末期の民族の大移動と密接な関連があるから檀君朝鮮を絶対見逃してはいけない.
   日本列島は大部分韓半島で渡った人々によって彼らの歴史と文化が成って来たがその人々の大部分は檀君朝鮮人たちを始じめ伽揶・高句麗・百済・新羅係というのはもう明かされて来たし, また古墳で出土される遺物によって確認されている.
   檀君朝鮮を受け継いだ付与と三韓などに引き継いで, 伽揶人たちは高句麗・百済・新羅より先立って対馬島を経って九州で大挙移住, 船主(先住)勢力を吸収した後九州全域を掌握, 古代日本国家形成の主役になった.
   日本が彼らの天皇墓だと主張する古墳たちを始じめ当時支配者たちの墓祭りは 3〜4世紀にわたって盛んだった '伽揶古墳'の形態で 5世紀中葉からは百済前期の石室墳が現われる.
   日本天皇即位式で伝達する天皇家の三宗神妙(三種神器)といういわゆる東京(銅鏡), 銅剣(銅剣), 勾玉(曲玉) も韓半島で渡ったことに疑心をする限り・イルハックザはない. この三種類は伽揶の古墳で有り勝ちに見られるものなどだ.
   対馬島とブックギュシュ中間地点に位している '呉キノシマ(沖ノ島)'は古代遺物のゾングチァングワン(正倉院)として, 出土された遺物が大部分 '伽揶係'が間違いないが日本史学者たちや宮内庁(宮内庁)はこれに対して緘口しているし大量に出土された国宝級遺物たちに対して日本宮内庁は呉キノシマに外部人の出入りはもちろん接近さえ厳格に統制している.
   この呉キノシマは伽揶人たちが日本に渡る時中間寄着地役目をした所で, このように日本は古代遺跡地発掘特に天皇家と連関された遺跡調査はタブーにしている. 出土物たちが 1万余店が超えるのに全部秘密に付している.
<金郷愁アナムグループ名誉会長提供>
   倭(倭)と日本(日本)という国名はいつ生じたことで, これら私という誰が中心になって建てたのだろう.
   なぜという国名は 15台応身(応神)天皇の時, 日本という国名は 38台天地(天智)天皇の時できたことでなぜは伽揶人たちが, 日本は百済人たちが中心になって建てたのだ.
   しかし伽揶(伽〓)はその間韓国史で伽揶寺が多く抜け落ちされたまま編まれて来た. 最近金海地方古墳から行くと遺物を掘り出すなど考古学籍な成果によってその空白が急速に補われて行ってからはあるが昔の文献では団地 ≪三国史記≫にその一部分と ≪三国有史≫ 調子国旗(駕洛国記)の心もち短い内容だけが紹介されている.
   伽揶は西紀 42年に金海金さんの詩調であるキムスロ王に義解建国されて 520年間尊属している途中西紀 562年新羅に併合される前まで高句麗・百済・新羅と肩を並べるサグックシデを成して来ただけでなく, かつて鉄器文化の花を咲かせて金海のみを中心に海上王国を建設して日本に進出して日本王室の起源になるなど北東アジア文化の乳腺役目をした.
   しかし韓国の歴史が伽揶寺を含んでサグックサギがならなければならないことにも伽揶を竝合した新羅が意図的に伽揶寺を抜け落ちさせて捨てたし, その後 ≪三国史記≫ などを編纂した高麗さえ伽揶寺をそっぽを向いたまだ高句麗・百済・新羅三国主として歴史を編んで来たし, 特に日帝強制占領期間の時 '伽揶寺'は日本王室の起源だという理由で日製によって歪曲・抹殺された.
   日帝強制占領期間の時の日製は御用学者たちを立てて日本天皇家の本館隠すこと, すなわち日本の起源である檀君朝鮮を始じめ "伽揶勢力と百済亡命政権が日本天皇家を成した"と言う歴史的事実を隠蔽するために幾多の古文書を燃やすなどうちの '歴史'を徹底的に歪曲・抹殺した.    日帝は 1915年 6月 29日治安上の理由を立てて総督府極秘指令である警務領を発動して伽揶キムスロ王を詩調(始祖)にする金海金さん系図発行を禁止したし, '伽揶寺'を保存した金海金さん門中を掠奪した.
   伽揶人たちが洛東江流域の肥えた地を置いて日本九州地方で集団移住した理由は何だろう.
   伽揶地方と日本列島, 特に九州とは地政学的に非常に近くの距離(通り)に位していて, 当時日本列島は人口が少ない未開拓地だっただから開拓意欲が強い伽揶人たちとしては開拓の対象になったし, 文物が発達した伽揶人たちは性分が穏やかで闘いが嫌で左・右で百済と新羅の多様な挟攻を数えきれなく受けるようになると抗争するよりかえって新天地開拓にもっと大きい関心を傾けるようになった理由などをあげることができるでしょう.
   1993年 4月に高麗大交友会館と仁川(京畿銀行本店大講堂)で《歴史的根探求の旅程》の著者である日本人史学者ダカー茅島マーサ都市(高本政俊; 1928〜)が招請されて「日本の中の伽揶文化 日本人から韓・日古代史を聞く」という講演会が開催されたことがある.
   ダカー茅島さんの '稿本(高本)'と言う(のは)聖恩高句麗の子孫としての高(高)者と日本に渡って来たことを意味する本(本)者を取って作った氏姓だと明らかにした. 彼はまた日本各所の地名, ジェントルマンと絶義名前, 人名などを列挙しながら多くの韓国人が何回かけて集団で日本に渡って来て日本民族の大きい部分を占めと, 日本の古代王朝と深い縁を持ったと明らかにした.
   高句麗・百済・新羅が日本で進出する時の経路はどうなるか.
   高句麗は西海を経って九州の鹿島(鹿児島)と東京隣近の来なさい(大磯)海岸で上陸, 埼玉県(埼玉県)と東京を開拓したし, 百済は南海と瀬戸内海(瀬戸内海)を経って近畿(近畿)平野の中心地である大阪(大阪)で上陸してズックネがも(竹内街道, ダケノ−ウチがイも)に付いて奈良(奈良)地方に定着したし, 新羅は東海を経って新潟(新潟)の使徒(佐渡)島を経って日本全域に影響を及ぼした.
<金郷愁アナムグループ名誉会長提供>
がページの慰労

TOP   BACK